屋根断熱リフォーム|夏場に効果のある断熱リフォームです(屋根断熱工事は、夏涼しく、冬暖かい家にする最新の断熱工法です)

トップページサイトマップお問合せ相互リンク
断熱リフォーム カザマのトップ > 断熱改修リフォーム > 屋根断熱リフォーム

屋根断熱リフォーム

当社で実施した、断熱改修リフォームは、平成20年度の「東京都選定省エネリフォーム優良事例」に選ばれました。
【東京都練馬区 N様邸 戸建住宅・木造、東京都杉並区 O様邸 戸建住宅・木造】
東京都都市整備局ホームページ
http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/topics/h20/topi083.htm


屋根断熱リフォームは夏場に効果があります!

このようなお悩みは屋根断熱改修リフォームで一気に解決できます!

二階が暑くて寝られない!クーラーが効かない!屋根裏空間を活用したい!
二階が暑くて勉強できない!自分でロフトを作りたいけど暑すぎる!
冬の暖房熱が屋根から逃げてもったいない! 等々
屋根面断熱で一気解決です。

屋根に現場発泡ウレタンを吹き付け、太陽の焼き込みを軽減します。
夏場の高温化を減少させ、冷房の効果を高めますので、省エネルギー化できます。
冬場は屋根からの放熱を防ぎますので、保湿効果が上がります。

垂木にベニヤ板で下地を作ります。 屋根面に現場発泡ウレタンを吹き付け、真夏の太陽の熱気を防ぎ、冬場の暖気の逃げを防ぎます。
垂木にベニヤ板で下地を作ります。 屋根面に現場発泡ウレタンを吹き付け、真夏の太陽の熱気を防ぎ、冬場の暖気の逃げを防ぎます。
棟換気を行えば、結露対策もバッチリです。


真夏の小屋裏温度はなんと・・・60℃〜70℃まで上昇します!!

夏の暑い日には、太陽の熱で屋根瓦が焼け込み、瓦の表面温度が70℃〜80℃まで、小屋裏でも60℃〜70℃まで温度が上昇してしまいます。そして、その熱が伝わって部屋の温度も上がっていってしまいます。

そこで、 発泡ウレタンを屋根裏や天井に吹付ける事によって、焼け込みの熱や小屋裏に停滞している熱の伝わりを防ぎます。
屋根や天井だけの部分施工でももちろん効果は有りますが、壁や床下等合わせて施工すれば、夏涼しく・冬暖かいという理想的な住環境が出来上がります。

発泡ウレタンを屋根裏に吹付け(断熱改修工事)


小屋裏が50℃を越えても屋内は28℃を保っています。
【 天井で断熱した場合の温度測定結果 】(6月の夏日測定)
小屋裏が50℃を越えても屋内は28℃を保っています。
クーラー未使用の為、使用すれば容易に快適温度になります。


自動お見積り こちらの無料自動お見積りページから大体の金額がお見積りできます。
まずはこちらで概算金額をご検討ください。
お問合せ 詳細のお見積り依頼やご質問などお気軽にお問合せください。

 

 



断熱改修リフォームとは事務所、工場、倉庫の断熱断熱改修 施工概要
断熱改修リフォームの流れ部分断熱改修方式屋根断熱リフォーム床下断熱リフォーム
床面断熱リフォーム壁断熱リフォーム耐震断熱リフォーム
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH<ゼッチ>)
無料自動お見積りお客さまの声リフォーム施工事例集施工概要を動画で見る