断熱材の種類について|高気密・高断熱・省エネ住宅には硬質ウレタンフォームが最適です!住宅の新築,建替えに!

トップページサイトマップお問合せ相互リンク
断熱リフォーム カザマのトップ > 新築 省エネ住宅 > 省エネ住宅一般知識 > 断熱材の種類

断熱材の種類

断熱材の種類について


断熱材の種類住宅の断熱気密工事に用いる断熱材、気密補助材料には以下の種類があります。

無機繊維系断熱材

グラスウール グラスウールとは、ガラスを細い繊維にして線状に加工した断熱材です。
床・壁・天井と住宅のほとんどの部位に使用できます。
厚さや密度が高くなるほど断熱性能にすぐれ、軽くて使いやすい断熱材です。無機質なので燃えず、ガスも発生しません。
防音性能や耐久性にも優れています。
ロックウール

ロックウールとは、耐熱性に優れた鉱物を高温で溶かしてごく細かい繊維状にした断熱材です。
床・壁・天井と住宅のほとんどの部位に使用できます。
650℃以上の熱にも耐え、有毒ガスも発生しません。
撥水性、耐久性があり防音性にも優れています。



木質繊維系断熱材

セルローズファイバー セルローズファイバーとは、天然の木質繊維を利用した断熱材です。
繊維の中にある気泡に含まれる空気が優れた断熱性、防音性を発揮します。木質繊維なので素材そのものに湿気を吸収したり放出したりする機能がありますので、断熱材の内部結露を防止し、快適な住環境をつくります。
インシュレーションボード

インシュレーションボードとは、木材から取り出した繊維質をボード状に成形加工した断熱材です。
高い断熱性と吸湿・放湿性を兼ね備えており、内部結露を防ぎます。原材料には、リサイクルされた木材や未利用木材を使用しているので、エコマーク認定を受けています。



発泡プラスチック系断熱材

ビーズ法ポリスチレンフォーム ビーズ法ポリスチレンフォームとは、一つ一つの粒の中に独立した気泡構造を持った断熱材です。
水や湿気に強いのが特長で、軽くて加工法、施工性に優れています。金型による形成品のため、自由な形に仕上げることができるため、板、筒など様々製品が製造されています。
押出法ポリスチレンフォーム

押出法ポリスチレンフォームとは、断熱材を建物の外側に貼りつける外断熱工法に適した断熱材です。
断熱性に優れているため、薄くても断熱効果が高く、施工後の質量も軽くすることができます。水に強く、耐吸湿性があるため、基礎や土間床の断熱にも使用することができます。

硬質ウレタンフォーム
※当社断熱工法です
硬質ウレタンフォームとは、微細な独立気泡で形成された断熱材です。
気泡には、熱伝導率がきわめて小さいガス(空気の約1/3)が含まれていますので、とくに断熱性能に優れています。ボード状に加工された製品のほかに、施工現場で直接吹き付けて使用する現場発泡品があり、住宅のどのような形状にもすき間なく吹き付けられ、断熱性を高めます
ポリエチレンフォーム ポリエチレンフォームとは、細かな独立気泡で発泡された耐吸湿・耐吸水性の高い断熱材です。
柔軟性に富んでいるので様々な形状の製品があり、現場ではすき間なく施工することができます。床・壁などのほか、屋根や屋上、配管カバーなど、断熱・防水と用途も多彩です。
フェーノールフォーム フェーノールフォームとは、独立気泡構造を持つ断熱材です。
素材の安定性が高く、長期間にわたって優れた断熱性能を発揮します。130℃までの使用に耐える耐熱性があり、防火性にも優れています。炎があたっても炭化するだけで、煙や有毒ガスはほとんどありません。





このページのトップへ戻る



住まいの選び方1ポイントアドバイス次世代省エネ知識断熱材の種類内断熱と外断熱の違い
住宅性能表示とは世代省エネ基準認定 高気密高断熱工法 エネフリーシステムとは
断熱・気密・換気の必要性
24時間換気システム温度差グラフによるエネフリーシステムの効果
エネフリーシステム発注形態エネフリー会員紹介