床面断熱リフォーム|床面断熱リフォームはお部屋ごとに床断熱を行うことができます

トップページサイトマップお問合せ相互リンク
断熱リフォーム カザマのトップ > 断熱改修リフォーム > 部分断熱改修リフォーム方式

床面断熱リフォーム

当社で実施した、断熱改修リフォームは、平成20年度の「東京都選定省エネリフォーム優良事例」に選ばれました。
【東京都練馬区 N様邸 戸建住宅・木造、東京都杉並区 O様邸 戸建住宅・木造】
東京都都市整備局ホームページ
http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/topics/h20/topi083.htm


キッチンの床が冷える、和室を断熱したい等、お部屋ごとの断熱を行うことが出来ます

床下に断熱材が無い、断熱材が有るのに寒いというお話は良く聞きます。
床下の断熱材が落ちてしまい効果が無かったり、壁のすき間から冷気が入っている(気流止めされていない)等が寒さの原因です。
又、夏のジメジメした空気が床下から上がり、カビ臭の元になったりしています。
床面断熱改修は、それらの原因を止めて、一部屋ずつ改善する事が出来ます。

改修前の床下 改修前

・グラスウール断熱材を施工してあっても落下している事があります。
・壁のすき間から冷気や湿気が入り、壁内結露等環境を著しく悪くしてしまっています。
防湿シート敷き込み

改修準備

・落ちた断熱材を戻し、押工板等で補修します。

 

・補修後

防湿シート敷き込み シート貼付

床下面に断熱材を入れる空間を作ります。
防湿シート敷き込み シート完了

大引・土台を利用して床下面に空間を作りました。この中に断熱材を入れます。
防湿シート敷き込み 断熱材注入

特別に開発した吸湿性の極めて低い独立気泡現場発泡ウレタンを注入します。
ゆっくり発泡する特注ウレタンが床板とシートの空間にすき間無く充填されて行きます。
現場発泡ウレタン吹付け 断熱材注入完了

厚みは平均100mm以上で高い断熱性能になります。
根太間の気流止めが出来る為、冷気侵入による壁内結露の防止となります。

床面断熱改修構造

冬の壁内結露発生メカニズム(床下環境改善前)


風窓より外冷気侵入
床面隙間から部屋の暖気により上昇気流発生
急激な温度差により壁内結露、壁表面結露が発生

結果、床冷えや壁のカビ等が発生する。

壁内結露発生メカニズム

壁内結露でカビた断熱材
壁内結露でカビた断熱材

このページのトップへ戻る

 


冬の床下断熱改修効果メカニズム(床下環境改善後)


床下にウレタン断熱材が均一に充填される
壁内への気流を止める

隙間風を抑え、壁内結露防止、断熱効果の向上が行える。


床下断熱改修効果メカニズム

特徴

・床面全体をムラなく厚み100mm(中心部は更に厚くなります)で施工できます。
・外壁、間仕切り壁の気流止め効果があり隙間風・壁内結露を防ぎます。
・一部屋単位で対応できます。

 

 

自動お見積り こちらの無料自動お見積りページから大体の金額がお見積りできます。
まずはこちらで概算金額をご検討ください。
お問合せ 詳細のお見積り依頼やご質問などお気軽にお問合せください。

 

 

このページのトップへ戻る



断熱改修リフォームとは事務所、工場、倉庫の断熱断熱改修 施工概要
断熱改修リフォームの流れ部分断熱改修方式屋根断熱リフォーム床下断熱リフォーム
床面断熱リフォーム壁断熱リフォーム耐震断熱リフォーム
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH<ゼッチ>)
無料自動お見積りお客さまの声リフォーム施工事例集施工概要を動画で見る