次世代省エネとは?次世代省エネに関する知識を紹介しています|高気密・高断熱・省エネ住宅は結露対策,湿気対策,カビ対策にも効果的です

トップページサイトマップお問合せ相互リンク
断熱リフォーム カザマのトップ > 新築 省エネ住宅 > 省エネ住宅一般知識 > 次世代省エネ知識

次世代省エネ知識

次世代省エネとは

こちらの値は、高気密・高断熱住宅(省エネ住宅)でよく使われる数値となります。
C値とは C値とは、相当すき間面積と言われるもの。
【建物の気密性能の指票】

家のすき間を測定して、すき間の面積を床面積で割った値のことを指します。すき間の測定法は、換気扇など計画的にあけた穴を全部ふさぎ、室内の空気を送風機で強制的に外に出す、この時に生じる気圧差と風量ですき間が分かります。
Q値とは

Q値とは、熱損失係数と言われるもの。
【住宅全体の熱性能の指標】

室内と外との温度差が1度ある時、家全体から逃げる熱量(ワット)を床面積(平方メートル)で割った数値のことです。

K値とは K値とは、熱貫流率と言われるもの。
【サッシなど建築部材の熱性能の指標】

壁や床の熱の伝わりにくさを表しています。K値が低ければ低いほど熱が伝わりにくく断熱性能がいいということになります。
MRTとは MRTとは、平均ふく射温度と言われるもの。
窓、壁、天井、床、家具など、私たちの体と向き合うすべての表面温度を平均した温度のことを言います。このMRTが低いと体の表面から熱が奪われ、寒さを感じます。私たちが感じる体感温度とは、空気の温度が約半分、MRTが約半分といわれており、MRTの影響の大きさがわかります。

熱損失係数 「Q値」

家の全部屋から逃げていく熱量を示すのが熱損失係数「Q値」です。
室内と室外の温度差が1℃の時、家全体から1時間で床面積1平方メートルあたり、どれだけの熱量が逃げるかを示す数値です。この値が小さければ小さいほど、熱が逃げにくいので断熱性能(保湿性能とも言えます)が高いということになります。

・熱が逃げにくい家はQ値が小さい
・Q値を目安に断熱性能を決めることが省エネ住宅への第一歩

熱損失係数    Q = (QR+QW+QF+QV)/(延べ床面積)
省エネルギー基準では、保湿性能の指標として 熱損失係数(Q値)を使用、この値は小さいほどロスが少ない



住宅の省エネルギー基準の地域区分

従来の省エネルギー基準で都道府県別に分類されていた地域区分では、一つの県の中でも気候が大きく異なることから、住宅に求められる省エネ性能との間に、ギャップが生じる所がありました。
今回の改定では、県から市町村で分けることで、このギャップをできるだけ少なくしようとしたものです。このため、同一県内であっても市町村で地域区分が分類されていますので、ご注意ください。

KGKエネフリーシステムはⅡ地域、Ⅲ地域、Ⅳ地域に対応しています

※合併により市町村名が変わった地域もありますが、区分境界線は変更されませんのでご注意ください。
地域の区分 都道府県
Ⅰ地域 北海道
Ⅱ地域 青森県、秋田県、岩手県
Ⅲ地域 宮城県、山形県、福島県、栃木県、長野県、新潟県
Ⅳ地域 茨城県、群馬県、山梨県、富山県、石川県、福井県、岐阜県、滋賀県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、静岡県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、和歌山県、兵庫県、奈良県、岡山県、広島県、山口県、島根県、鳥取県、香川県、愛媛県、徳島県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県
Ⅴ地域 宮崎県、鹿児島県
Ⅵ地域 沖縄県
住宅の省エネルギー基準の地域区分


熱損失係数の基準値

地域区分 Ⅰ地域 Ⅱ地域 Ⅲ地域 Ⅳ地域 Ⅴ地域 Ⅵ地域
W/(㎡・K) 1.6 1.9 2.4 2.7 2.7 3.7



断熱材の熱抵抗値の基準値と必要な断熱材の種類と厚み(木造住宅)

各地で求められる断熱材の熱抵抗値と必要な断熱材の種類と厚みの早見表です。
表中のA〜Eはこちらの断熱材の種類に対応しています。

充填断熱工法

Ⅰ地域

充填断熱工法 Ⅰ地域
※(  ) 内の数値は、外壁の中間階床の横架材部分に対応:Ⅰ地域では中間階における外気に接する梁、胴差等の横架材部分でも局所的に熱移動が大きいために断熱化が必要です。

Ⅱ地域

充填断熱工法 Ⅱ地域

Ⅲ Ⅳ Ⅴ地域

充填断熱工法 Ⅲ Ⅳ Ⅴ地域

外張断熱工法

Ⅰ地域

外張断熱工法 Ⅰ地域

Ⅱ地域

外張断熱工法 Ⅱ地域

Ⅲ Ⅳ Ⅴ地域

外張断熱工法 Ⅲ Ⅳ Ⅴ地域
※部位は一部のみを抜粋してあります


断熱材の性能値(熱伝導率による区分)

住宅金融公庫 平成15年度版 木造住宅工事共通仕様書より

A-1  ( λ=0.052〜0.051 )
■吹込み用グラスウール GW-1、GW-2
■吹込み用ロックウール 35K
■シージングボード

A-2  ( λ=0.050〜0.046 )
■住宅用グラスウール 10K相当
■吹込み用ロックウール 25K
■A級インシュレーションボード

B  ( λ=0.045〜0.041 )
■住宅用グラスウール 16K相当
■ビーズ法ポリスチレンフォーム 4号
■ポリエチレンフォーム B種
■タタミボード

C  ( λ=0.040〜0.035 )

■住宅用グラスウール 24K、32K相当
■高性能グラスウール 16K、24K相当
■吹込み用グラスウール 30K、35K相当
■住宅用ロックウール(マット、フェルト、ボード)
■ビーズ法ポリスチレンフォーム 1号、2号、3号
■押出法ポリスチレンフォーム 1種
■ポリエチレンフォーム A種
■吹込み用セルローズファイバー 25K
■吹込み用セルローズファイバー 45K、55K(接着剤併用)
■フェノールフォーム保温板 2種1号


D ( λ=0.034〜0.029 )
■ビーズ法ポリスチレンフォーム 特号
■押出法ポリスチレンフォーム 2号
■フェノールフォーム保温板 1種1号、2号、2種2号

E ( λ=0.028以下 )
■押出法ポリスチレンフォーム 3号
■硬質ウレタンフォーム
■吹付け硬質ウレタンフォーム(現場発泡品)

F( λ=0.022以下 )
■高性能フェノールフォーム保温板
λ:熱伝導率W/(m・K)






住まいの選び方1ポイントアドバイス次世代省エネ知識断熱材の種類内断熱と外断熱の違い
住宅性能表示とは世代省エネ基準認定 高気密高断熱工法 エネフリーシステムとは
断熱・気密・換気の必要性
24時間換気システム温度差グラフによるエネフリーシステムの効果
エネフリーシステム発注形態エネフリー会員紹介