湿度差グラフによるエネフリーシステムの効果|新築一戸建ての建築,建て替えは高気密・高断熱・省エネ住宅で快適な住まい作りを!

トップページサイトマップお問合せ相互リンク
断熱リフォーム カザマのトップ > 新築 省エネ住宅 > カザマの新築省エネ住宅 > 温度差グラフによるエネフリーシステムの効果

温度差グラフによるエネフリーシステムの効果

温度差グラフによるエネフリーシステムの効果

玄関先 温度測定

普段暖房を使用しない玄関で温度を測定しました。
●玄関外温度
●一般住宅玄関内温度
●高気密高断熱住宅玄関内温度

夜7時頃帰宅した場合、外気 3℃、屋内 7℃ に対し 14℃を保っています。
玄関を開けると優しい暖かさに包まれます。

玄関先 温度測定



2階 温度測定


測定条件

カーテンを閉め、クーラーは使用していない状態で測定しています。
小屋裏(天井裏)は50℃を越えている時、断熱された屋内は28℃近辺を推移しています。
湿度が50%くらいの時は暑苦しさを感じない温度です。
クーラーを使用した場合はすぐに温度が下がり、負荷も掛けません。

目で見る断熱改修リフォームの効果(温度効果グラフ)
小屋裏温度は50度を超えるほど上昇しています(ピンクの折れ線)。断熱改修リフォームを施すと、室内温度は見事に保たれており30度を超えることはありません(ブルーの折れ線)。

※クーラーは使用していません




このページのトップへ戻る



住まいの選び方1ポイントアドバイス次世代省エネ知識断熱材の種類内断熱と外断熱の違い
住宅性能表示とは世代省エネ基準認定 高気密高断熱工法 エネフリーシステムとは
断熱・気密・換気の必要性
24時間換気システム温度差グラフによるエネフリーシステムの効果
エネフリーシステム発注形態エネフリー会員紹介